出会い系

ネットナンパで出会う方法|出会い系でのセックス体験談や攻略法も!

出会い系サイトで簡単に出会う方法や、セックスに持ち込む方法について書いていきます。効率よく出会うためには、サクラや業者のいない優良サイトを使うのが一番ですよ!

当サイトおススメ!本当に出会える出会い系サイト!

PCMAX
PCMAX
ハッピーメール
ハッピーメール
ワクワクメール
ワクワクメール

出会い系で狙い目!積極的にメールしたい女性の職業とは!

読了までの目安時間:約 6分

 

141125a_as006

出会い系で女の子にメールを送る時に、何を基準に送っていますか?

 

写真の有無?年齢?居住地?

これらも大切ですが、同じくらい大切なのが「女性の職業」です。

 

え・・・?結婚するわけじゃないんだから女性の職業なんてどうでも良い?

セックスできれば良いんだから、女性の職業なんてどうでも良いと思われるかもしれませんね。

でも、セックスだけを目的としていたとしても、女性の職業は見るべきですよ。

 

だって、考えてみてほしいんですが・・・

「女性ばかりの職場」と「男女同数の職場」では、どちらの女性が性に飢えていると思いますか?

 
 

考えるまでも無く「女性ばかりの職場」の方が、性に飢えていますよね。

中々彼氏も出来ないでしょうし、セックスしたいと強く思っている女性も多いです。

出会い系で出会って、セフレや彼女にしやすいのも「女性ばかりの」職場の子ですね。

 

出会い系でよく見かける、狙い目職業をご紹介しますね。

 

 

ナース(看護師)

ナースは出会い系で食いやすい職業ナンバー1です。

女性しかいない職場ですし、若いナースが多く出会い系を利用しています。

歯科衛生士も同じですね。

 

ナースは動きまくる仕事ですし、結構激務です。

患者さんとも笑顔で接しなければいけませんし、患者さんに怒鳴られたりすることも・・・

表に出ないセクハラもあると聞いています。

 

女性が多い職場特有のいざこざ(陰口とかイジメとか)もあり、ストレスも溜まりまくりです。

 

そのため、セックスでストレスを発散させたがる女性が非常に多いです。

普段から厳しい環境にいるので、男性に癒して貰いたい気持ちがあります。

優しく接して、小細工なしでホテルに連れて行くのが一番良いと思いますよ。

 
 

ナースとして働いている女性は多いため、出会い系にも多く存在しています。

若いナースには太っている女性が少ないのも、おススメのポイントですね。

 
 

保母さん(保育士)

保母さんも非常に狙い目です。

保母さんが狙い目な理由は、基本的にはナースと同じですね。

 

子供と接する際にも、ケガをさせないように気を付けないといけない。

特定の子供だけを構うような、不公平が無いようにしないといけない。

女性同士の人間関係で、面倒な思いをしていることが多い。

 

保護者の方からのクレームの対応も非常に疲れますし

地域の住民からも「静かにしろ!」などのクレームが来ることもあります。

最初は子供が好きで勤めだした保母さんですが、次第に子供嫌いになることもあるそうです。

 
 

また、保母さんは男性と出会う機会がほとんどありません。

保護者の男性と付き合うなんてことは、基本NG(不倫になる)です。

そのため、彼氏がいないケースが非常に多いです。

 

ナースと比べると、出会い系で見かけることは少ない(絶対数が少ないから)ですが

食いやすさとしては、ナースと同じくらいだと思いますよ。

 

 

美容関係、特にネイリスト

美容関係の女性も、結構狙い目だと思っています。

やはり、男性との接点が少ない仕事ですから。

特に、ネイリストは何度か美味しい思いをさせてもらっています。

 

ただし、美容関係の女性は男性の見た目に、それなりにこだわります。

ある程度のルックス&オシャレな男性であれば問題ないとは思いますが^^;

 

まあ・・・あまり気にせず、玉砕覚悟でメールしてみると良いです。

美容関係の女性は見た目が良い場合が多く、綺麗な女性と付き合いたいなら

狙ってみる価値はあると思っています。

 
 

まとめ

出会い系サイトには、様々な職業の女性が登録しています。

どんな職業の女性でも、会ってセックスすることは可能ですが

それでも、狙い目の職業は存在します。

 

簡単に言うと「男性が少ない職業」が狙い目と言えます。

さらにストレスが溜まりやすかったり、激務だったりするとなお良いです。

 

出会い系サイトでこの条件に合う女性を見かけたら、迷わずにメールしてください。

返信率も高いので、良い結果が出やすいですよ!

 

タグ : 

出会い系攻略 虎の巻   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る